Home > 国スポ > 公開競技 > エアロビック

国スポ

公開競技

エアロビック

エアロビック

エアロビックは、アメリカで提唱された運動処方理論「エアロビクス」を起源に生まれたエアロビックダンスがスポーツとして発展したものです。音楽のビートに乗って気軽に行え、子供から高齢者まで世代を超えて楽しめるスポーツとして親しまれています。
競技は、「エアロビック・ジムナスティックス種目」、「エアロダンス種目」、「フライト種目」の3種目からなり、国民スポーツ大会では「エアロダンス種目」と「フライト種目」を実施します。

エアロダンス種目

定められた競技エリア・時間の中で、エアロビック動作や必修動作を組み合わせた演技(ルーティン)を審判員が「技術」、「芸術」の観点から採点します。
シングル部門とチーム部門があり、チーム部門はフォーメーション/構成の面白さやチームワークの良さが重要となります。

フライト種目

選手全員が一斉に行う1次ラウンド(約30分)と1次ラウンドの結果上位者のみがグループ単位で行う決勝ラウンド(1グループ約5分)の2ラウンド制で行われ、審判員は「心・技・体」の観点から競技時間を通して全身で元気よく、正しい姿勢で生き生きと軽快に動いているかを採点します。

競技種目・種別/会場/日程
種目・種別 会場地 競技会場 競技日程
_ 武雄市 CableOne SPORTS PARK(武雄市民体育館) 8月24日(土)〜8月25日(日)
このページの上部へ
MENU